家族のお城~幸せなマイホームの建て方&選び方

家の購入は、人生で最も大きなお買い物です。ライフスタイルに合った心地よい空間づくりのために、押さえておくPOINTや経験者の知恵を利用しましょう。

『建売』のよさと『注文』独自の魅力を比較すると

まず決めたいのは、建売を買うのか、注文住宅にするか、です。費用やどういう家に住みたいのかをよく考慮して検討しましょう。

建売の場合
実際の完成品を見られるため、「イメージと違った」という間違いがない。費用が安く、手続きも簡単。最初から出来上がったモデルハウスなので、細かな調整、「ここはこうしたい」という個性は生かせない。似たような建物があちこちにあり、オリジナリティが乏しい。

注文の場合
自分の生活スタイルに合わせた希望をだせる。間取りや建具、設備など自由に決められる。世界にたった一つだけのオンリーワン家づくりができる。コストが高くなる。土地と建物を別々に購入するため、手続きが面倒。

ここだけは譲れないという部分をしっかり決めておく

家族構成や将来の老後までの生活を考えて、必要最低条件を何点か箇条書きにしてみましょう。その条件をクリアしたベースから、選択肢をあげていきます。いくつか、多くの人がチェックする項目をあげてみます。

・駐車場の有無
小さな子供やお年寄りがいる場合、車での送迎が必須です。駐車スペース、近くの道路の交通量が少ない、車が出し入れしやすい立地条件など。暮らしやすさにかかわってきます。

・会社や小学校、病院に近い
どんなに素敵な建物でも、勤め先や学校、郵便局や病院など、生活にかかわりの深い場所が遠いのでは不便です。まわりのロケーション、通勤、通学時間は細かに調べておきましょう。

・トイレが2か所
4人以上の家族であれば、トイレは2か所あったほうが無難です。費用の関係もありますが、朝の忙しい時間帯、家族で騒動が起きないためにも、お客様が来たときのためにも、考慮入れておきたいポイントです。

ハウスメーカー「ここだ」と決めて後悔のないPOINT

とにかく、気になるメーカーには足を運び、いろいろ詳しく話を聞いてみましょう。その中で、見えてくるチェックポイントがあります。が、その中でも、自分の希望や考え方を丁寧に聴いてくれ、
メーカー側の主張だけでなく、きちんとこちらの予算やライフスタイルまで、柔軟な対応をしてくれるところがベストです。

結局最後は人と人との信頼関係。この人になら安心してお任せできる。そう感じる営業マンのいるところにしましょう。

ファミリーにとって夢のマイホーム。せっかくですから、こだわるところはこだわり、一生快適に過ごせる、よい買い物にしたいものです。